TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

陳天來旧居 陳天來故居

アンカーポイント
4.1

6998

紹介

大稻埕は20世紀初頭に台湾全土で最も栄えた地域の一つで、貴徳街は茶街として栄えました。当時、茶葉の貿易商の多くが富豪となり、陳天来もその一人でした。陳天来は錦記茶行を創立し、同時に蓬莱閣、第一劇場、永楽座など娯楽事業も手がけていました。貴徳街73号にある陳天来故居は往年の「錦記茶行」で、1920年に建てられたこのバロック調の3階建ての建物は、1階は取引所、2階は茶商人の招待所、3階は居住空間として利用されました。外観は気品を湛えた洋風の雰囲気を醸し出し、構造は中央の本館と両側に建てられた塔に分けられます。本館には垂花が添えられるなどの装飾が施され、クラシカルな柱や広い拱廊などもあり、浪漫情調に満ちています。当時、大稻埕の茶商人たちが定期的に会合しお茶を楽しんだ招待所からは淡水河埠頭を眺めることができ、招待所の裏には港仔溝(現・西寧北路)と隣接した私有庭園があり、大稻埕における20世紀前半の栄華の日々を伝える貴重な証になっています。

観光スポット情報

テーマ
歷史的建造物 アート展示・公演スペース
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく
お勧めの月
通年
電話
+886-2-23362798
住所
台湾台北市大同区貴徳街73号

営業時間

外観の見学

サービス施設

  • 公共のトイレが

交通情報

近くのMRT駅

G 松山新店線 北門

O 中和新蘆線 大橋頭

Instagram @taipeitravel

圖片文字介接自Instagram,版權屬原作者所有

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top