TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

南港瓶蓋工場 南港瓶蓋工廠

アンカーポイント
3.8

1443

紹介

日本統治時代(1943年)に日本の宇平組が設立した「国産軟木工業株式会社」は、終戦後に台湾省専売局(現在のTTL)が引き継ぎ、名称を「木栓工場」と「台湾省煙酒公売局瓶蓋工場」に改名し、公売局傘下の14社の酒工場酒類に必要な蓋やコルク栓などの製品を製造していました。

その工場区北側に現存する日本統治時代の建物の梁や様式は、すべて一定の品質が保たれています。歩哨の立つ建物は、現在の台北付近では軍事使用地区以外の民間所有の建物ではわずかに見られるばかりなのですが、みな当時の産業建築の特色を体現し、瓶蓋産業の歴史的証人となっています。

観光スポット情報

テーマ
歷史的建造物 アート展示・公演スペース 親子で楽しむ
ガイドサービス
予約
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく
お勧めの月
通年
住所
台湾台北市南港区南港路2段13号

関連リンク

サービス施設

  • 公共のトイレが

交通情報

近くのMRT駅

BL 板南線 昆陽

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top