TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

台北市立美術館 モネの花園特別展

アンカーポイント

発表日:2011-04-05

更新日:2016-09-28

610

イベント日時
2011-04-05~2011-06-05
場所
台湾臺北市北投區

フランス印象派の巨匠、クロード・モネの描く絵は、ルーアン大聖堂・積み藁・睡蓮など屋外風景を描いた作品で知られています。本展覧会ではモネがパリ近郊のジュヴェルニー(Giverny)の自宅の庭で創作した花や自然風景をテーマとした作品を展示しています。また光と影、雲の流れ、林をわたる風などを追求した大変美しく豊富な作品を展示しています。「モネの花園」と題し、フランスのマルセイユ美術館、スコットランドの協力により主要な大作を出展し、皆様に色彩豊かで活き活きとしたタッチの芸術史に残る名作をご鑑賞いだだきます。

印象派の理念を最も忠実に実現したこの画家は、大自然の光と影が交錯し活き活きと変化する様を捕らえるのを得意とし、新しいスタイル・新しい表現でヨーロッパの伝統的油絵に対抗したのです。またモダンアートの発展を推進させた重要な芸術家でもあります。本展覧会はモネのみごとな屋外風景作品を通して、皆様に西洋美術史上のめくるめく重要な1ページをもう1度振り返っていただこうというものです。印象派の色彩、質感豊かな原画を直にご覧いただき、なにかと忙しい日常から一時離れ、心地よく物静かな田園の空気の中へ帰っていただきます。

イベント時間: 2011/03/05 ~ 2011/06/05
イベント会場: 台北市立美術館1階1A~1B(台北市10461中山北路三段181号)
URL: http://www.tfam.museum/TFAM_Exhibition/exhibitionDetail.aspx?ExhibitionId=401&PMN=2&&PMId=401

最近のイベント

さらにイベント
Top