TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

台北河浜で気軽にサイクリング旅行

アンカーポイント
台北河浜で気軽にサイクリング旅行
基隆河左右岸河浜サイクリングロード

基隆河左右岸河浜サイクリングロード

基隆河左右岸河浜サイクリングロード
基隆河左右岸河浜サイクリングロード 基隆河左右岸河浜サイクリングロード クリックして拡大する

左岸にある林安泰疏散門(入口)から河浜サイクリングロードに入ると、基隆河の起源や治水物語を記録した解説パネルが見られ、スポーツやレジャーの合間に、基隆河の悠久の歴史を学ぶことができます。

大佳河浜公園は、川底を埋め立てて作られた土地に設置されたもので、見渡す限りの緑の草原や、西側には都会型緑地公園があります。中でも、中山橋から大直橋の間にある親水公園は最も特徴的で、ランドマークである「希望の泉」の噴水では、25階の建物にも匹敵する高さまで扇形の噴水が上がり、鮮やかな水の舞い、そして夜を彩るきらびやかなライトアップで河辺を一瞬にして美しく艶やかに染めあげ、背景の圓山大飯店のクラシックな朱色の建物とともに、美しく忘れられない格別な風景を生み出しています。家族でのレジャーや恋人たちのデートに最適です。

右岸の美堤疏散門(入口)から入れば、同様に堤防の壁面に基隆河の歴史物語が詳細かつ色鮮やかに描かれているのを見ることができます。夜に訪れると、さらに眩く美しい観覧車や内湖科技園区の夜景も楽しめます。

マップダウンロード(PDF)

グーグルマップから開く

淡水河河浜サイクリングロード

淡水河河浜サイクリングロード

淡水河河浜サイクリングロード
淡水河河浜サイクリングロード 淡水河河浜サイクリングロード クリックして拡大する

この区間は、大稲埕埠頭から延平河浜公園に沿って作られたサイクリングロードで、のんびりとサイクリングを楽しみながら、近くの文化古跡を訪れることができ、静と動が共存するレジャーアクティビティーの中、身体を鍛えながらすばらしい文化に触れることができます。 周辺には迪化街や霞海城隍廟、林柳新紀念人形博物館、酒泉街の台北孔子廟、保安宮など有名な文化観光スポットが多く、今昔の文化の饗宴が体験できます。

道の途中には、大稲埕埠頭のコーヒー広場、唐山帆船造景、埠頭アーチ橋、淡水河の遠景などの景観が楽しめるほか、藍色公路クルーズを利用すれば自転車を携えて関渡埠頭や淡水漁人埠頭、八里左岸などを訪れることもでき、多様な河辺レジャーが楽しめます。

マップダウンロード(PDF)

グーグルマップから開く

景美渓河浜サイクリングロード

景美渓河浜サイクリングロード

景美溪河濱
景美渓河浜サイクリングロードマップ 景美渓河浜サイクリングロードマップ クリックして拡大する

自然いっぱいの左岸と右岸を走る景美渓サイクリングロードは、道沿いに動物園や政治大学の野球場、青々とした草原があり、渓流には常に魚の群れが見られ、家族全員でのお出かけに最適のルートとなっています。

沿線の景観はとても豊かで、緑の草原と清らかな渓流に触れながら快適に過ごせます。このほかにも、道南河浜公園には、バスケットボールコート、スケート場、バトミントンコートなど様々な運動場所が設置されています。夕方になると、ジョギングや自転車でやってきて運動する人も多い、エネルギッシュなサイクリングロードです。

マップダウンロード(PDF)

グーグルマップから開く

新店渓河浜サイクリングロード

新店渓河浜サイクリングロード

新店渓河浜サイクリングロード
新店渓河浜サイクリングロードマップ 新店渓河浜サイクリングロードマップ クリックして拡大する

サイクリングロードへ行くには、華江橋の後方から新店渓沿岸へと入ります。周囲に高い建物が林立する様子から、この河畔公園がいかに貴重かわかります。新店渓の沿岸景色には、「都市の中の緑地」という感覚があふれています。この長い河浜公園は、板橋、中和、永和、新店の地を貫き、毎年10月から翌年3月になると、遠路はるばるやってきたお客様であるガンカモや保育対象の渡り鳥などが観賞でき、学習、フィットネス、グルメなどの楽しみとあわせて、充実した豊かな日帰りサイクリングアクティビティーが楽しめます。

マップダウンロード(PDF)

グーグルマップから開く

双渓河浜サイクリングロード

双渓河浜サイクリングロード

双渓河浜サイクリングロード
双渓河浜サイクリングロードマップ 双渓河浜サイクリングロードマップ クリックして拡大する

陽名山国家公園からスタートする双渓は、東呉大学を経由して高速道路の北側に曲がり、河浜緑地公園へとつながります。河浜サイクリングロードは地形に沿って左右両岸に設置され、台北市の河川サイクリングロードネットワークの中でも最も住宅地に近く、丹念に手入れされた短いながら整った道となっています。

美しい風景が楽しめる双渓河畔は、平日の生活が忙しい都市の人々の疲れた心と身体を癒してくれる緑のトンネルがあり、双渓の左岸からは百齢橋で右岸サイクリングロードとつながっています。百齢右岸河浜公園は、ラグビー愛好家が集まる場所であるだけでなく、サッカーチームが練習する様子も見られます。現在では、自転車愛好家もこの青々とした草原に仲間入りし、承徳橋の下を通って道に沿って台北市の最後の埠頭である「三脚渡」を訪れます。

マップダウンロード(PDF)

グーグルマップから開く

Top
if (Common.IsDeveloperSite){ }