TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

TAIPEI Quarterly 2018 冬季号 Vol.14

アンカーポイント

発表日:2018-12-05

302

編集者の言葉

世紀の瞬間
百年を経た大稲埕
の輝き

台北市大同区の一角にあるその土地は、かつて収穫した稲を干す広い空き地があったため大稲埕の名で呼ばれるようになりました。いま、百年を超える華やかな日々を懐に抱き、栄華を受け継ぎながら新風も吹いています。茶や漢方薬の香りただよう冬の澄んだ空気にあたると、心もゆったりと落ち着くようです。

とりどりの乾物やおつまみ、刺繍細工や布地を扱う店などが立ち並び、鮮やかな色合いの光景はまるで絵画のよう。古い街が新たなパワーを得て輝きを取り戻す様子には、淡水港が開港した1860年以降の台北のにぎわいをうかがうことができます。

人々が押し合いへし合い、荷車がどんどん行き交う、とびきりにぎやかな繁栄の日々を取り戻すことはないかも知れません。しかし、現在の大稲埕は新しい命と創造性をはらみ、しっかりと根を張った100年の老舗がまた美しい花を咲かせようとしています。歴史の香りにあふれる大稲埕を歩けば、台北の文化のゆりかごを垣間見ることができるだけでなく、新しい世代の尽きせぬ活力を感じることができます。

新旧の融合は歴史と古い街並みの復活を告げるだけではありません。世界の最先端の食が集まる台北では、ベジタリアンフードが伝統という土壌のもとで一新されようとしています。料理人は新鮮な地元の食材を活かし、異国の風味を添え、全く新しい美味しさに昇華させています。食材の組み合わせを見直し、個性的なオリジナルの調味で創作料理の美味しさがさらに際立ちます。新しいタイプの中華料理や香港飲茶のベジタリアンレストランなど、調理法や食材の組み合わせを次々に刷新しながらも、中華料理の真髄を守り、台北をベジタリアンの人々が訪れる価値のあるグルメの街にしています。

添付ファイルダウンロード

関連写真

最近の人気記事

Top